最新の関連ページ一覧

医療の発達で、人類の寿命はどうなるか

医療の発達が目まぐるしい近年では、どんな難病でも、命を落とす事無く、取りとめる事が出来る様になってきました。
そのお蔭で、人々は病気をしても、延命措置などを行い、命をつなぎとめる事が出来る様になってきました。
この世に生をなし、生きる事はとても素晴らしい事です。
でもそれは、自由に自分の意志の元、体を動かし、脳が体が一体になって自分自身の臨むままに体を動かす事が出来るからかも知れません。
命があっても、寝たきりで薬の投入や人工器具を取り付けてベッドにしばりつけておく事は、本人にとっては幸せな事と言えるのかは、もしかしたら、愚問かも知れません。
医療の発達のおかげで、病気を治す事が出来、健康へと導く病気の種類はとても多くなりました。
でももしかした死を選択できずに生き地獄を味わっている人もいるのかも知れません。
尊厳死の在り方なども、日本の医療の発展と共に、今後はもっと突き詰めて必要になってくるでしょう。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 医療 . All Rights Reserved.